ストーリー性がない「ブックレスミュージカル」と言うものもあります。最近わたしがはまっているこのブックレスミュージカルと言うのは、「コンセプトミュージカル」とも呼ばれています。通常、私達が知っているミュージカルの殆どが、ストーリーになっている「ブックミュージカル」になります。例えば、「屋根の上のヴァイオリン弾き」があります。あと、「サウンド・オブ・ミュージック」も有名ですよ。もうひとにひとつに「マイフェアレディ」もあります。そして、反対にストーリー性がないものがあります。これはブックレスミュージカルで言うと、「CATS」などがあります。(笑顔)また、「コーラスライン」もブックレスミュージカルになります。(笑顔)このようなものの中には、台詞が全て歌われている、「オペラ形式」のミュージカルもあります。このジャンルは、「ポップオペラ」と重なっています。例えば「オペラ座の怪人」、「レ・ミゼラブル」ですね。そして「ミス・サイゴン」などもあります。ミュージカルは舞台だけではありませんよ。例えば、映画になったりします。(笑顔)演劇形式としてのミュージカルと言うのは、新しいものになります。ですから、スタイルとか、音楽などは形式が決まっていません。例えば、聾唖者の手話を入れてみたりします。あと、パペットを入れてみたりします。これはミュージカル特徴と言えます。※上演形式、一幕の作品もあれば、二幕になっている作品もあります。

関連ページ