住宅ローン借換で万が一に備えるコツとは?

最近日本国債の発行が多くなっていると話題になっています。
金利低下と相反する不思議な話ですが、日銀が国債を買い支えているため起きている一種のミステリーです。
しかし、この買い支えができなくなった時に金利の暴騰があると危惧されています。
住宅ローンの契約者としては由々しき事態です。
これを回避するための手法として住宅ローンの借換があります。
住宅ローンの金利は現在史上最低と言われています。
この間にできるだけ長期の固定金利で借り入れをするのです。
もし、変動から固定への変更がすぐできる銀行であれば、最初は変動金利で申込をして、危ないとなったら固定金利に変更すればいいのです。
固定金利であれば、市中金利が暴騰しても返済額は変わらないので安泰です。