白髪染めのパッチテスト方法は?

白髪染めをする前に、パッチテストを行うように説明書に書かれているのを見たことはありますか?白髪染めやブリーチといったヘアカラー商品を使う際は、アレルギーが起きないかを前もってテストしておく必要があります。
ヘアダイのような作用の強い白髪染めを使う場合は確実に行ったほうがいいですし、それ以外の製品の場合でもアレルギー体質の方や皮膚の弱い方は行ったほうが確実です。
また、今まで問題なく使っていた方も、いつもと同じ白髪染め剤を使っていたにも関わらず、その時の体調によって突然アレルギーを起こすことがあります。
パッチテストを行ってから白髪染めをするようにしましょう。
●用意するもの・使う予定の白髪染め剤・使い捨てコップ・めん棒・大き目の絆創膏(必要な場合のみ)(1)テスト用の塗布液を作りますヘアダイの場合は、商品のパッケージを開けて、A剤とB剤を実際に使うとおりの分量で少量ずつコップに出してめん棒で混ぜます。
(分量は説明書を見ながらそのとおり行います)(2)テスト用塗布液を肌に塗りますめん棒を使って二の腕の内側に薄く塗ります。
(3)自然乾燥させます薄く塗った後、自然に乾燥させます。
(4)48時間放置しますそのまま塗った場所には触れずに48時間放置します。
*やむをえず、作業や運動によって塗った部分がこすれる、水や汗によって塗った部分が流されてしまうなどの場合には、絆創膏などで塗った部分を保護するといいでしょう。
・塗ってから30分が経過するまでは塗った部分を常に確認できるように絆創膏は貼らないようにしてください。
・30分経過後に絆創膏を貼る時は、塗った部分が粘着部に触れないように気をつけてください。
(5)塗った部分の確認を2回行います。
テスト部位の確認は2回行ってください。
行うタイミングは以下のとおりです。
1回目:塗ってから30分後2回目:塗ってから48時間後かゆみやかぶれ、発疹、発赤、水泡等の異常が見られた場合は、すぐにテスト部位を洗い流し、テストで使用した商品を使って白髪染めは避けましょう。
確認する時間が経過しない間にも異常が発生する場合があります。
異常に気づいたらすぐに洗い流しましょう。